スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レイの冒険 その1
825.png

第1章

「レイ、生まれる」

レイ 「ふぁ~、よく寝た。」

辺りを見回す

レイ 「ここはどこだろう...」

レイは記憶を失っていた。

レイ 「とりあいず進んでみよう。」

ここで立ち止まっていてもしょうがないので、先へ進むことに決めた。

人を発見

ローザー 「よー...ちぇけらっ!」

なぜもみじを被っているのか不思議でしかったなかったが、あえて聞かないことにした。

レイ 「ここはどこですか。」

ローザー 「よーちぇけら!」

・・・

レイ 「よーちぇけら!」

823.png

ローザーは当てにならないとかりあげが教えてくれたので、先へ進むことに決めた。

敵を発見。

レイは自分がどうやって戦っていたのか、必死で思いだした。



レイ 「思いだした!」












































レイ 「眼力」

824.png

眼力で敵を倒し満足したので、先へ進むことに決めた。

レイ 「あんなところにお店が!
    なにか重要なことが聞ける気がする...早速情報収集だ!」

だが...


























827.png

情報収集は失敗に終わった。

レイ 「くそ、店員さんがあんなに怖いなんて聞いてないよ!
    怖くてちびった上になにも聞けなかったじゃないか...」

ちびってるだけでは何も解決しないので、先へ進むことに決めた。

・・・!

美女発見。

826.png

レイはレインを連打した。

レイ 「名前が似ている...レインちゃんはぼくの子供なのかもしれない。」

話かけたかった。

だがここで記憶を失ってる自分を娘に晒す訳にはいかなかった。

レイ 「心配するからな...いずれ、記憶が戻ったらまた会いに来るさ。」

記憶が戻ったらまた会いに来ることを決意し、先へ進むことに決めた。

記念写真を撮るのに丁度良い台を発見。

レイ 「どれどれ。」

ぱしゃり

828.png

レイの冒険はまだ始まったばかり。

不安でいっぱいなレイをエリンギは救ってくれるのか。

乞うご期待であります。

FC2 BlogRanking
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
勝手に俺の名前で恥ずかしいことばっかしないでww

hyoussyrody.blog111.fc2.com
No title
眼力wwwwwwwwwwwwwww
これはヨソウガイでした

メニュー
m8.png m9.png m10.png
いらっしゃいませ
リンク
カテゴリ
コメント
新しい記事
月別
探す
バナー
ブログバナー GameDiary of Moranya FC2ブログランキング
メイプルブログランキング
メイプル・攻略ブログ
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。